髙野てるみさんトークショー
「美しく生きるための言葉 ~ココ・シャネルから太宰治へ~」


8月7日(水)サロン ド テ ジャンナッツにおいて、映画プロデユーサーで、シネマエッセイスト、巴里映画代表取締役の髙野てるみさんのトークショーを行いました。

JANATも注目し、協賛しているフレンチアニメ、「パリ猫ディノの夜」の配給・宣伝プロデューサーとして活躍中の髙野てるみさん。

出版されるや話題となり、ロングセラーとなっている『ココ・シャネル女を磨く言葉』(PHP研究所)や6月6日に発売されたは「恋愛合格!太宰治のコトバ66」(マガジンハウス)を元に「自分らしく美しく生きる」をテーマにお話していただきました。
参加された皆さまは目を輝かせ、髙野さんのお話に夢中に。

平日にも関わらず多くの方にお越しいただき、「パリ猫ディノの夜」とのコラボレーションケーキを含むガトーの盛り合わせとおいしい紅茶で皆さまお楽しみいただいたようです。

今後も是非、このようなイベントを行っていきたいと思います。
イベントや新商品の詳細はホームページ、またはジャンナッティストクラブのメールマガジンにてご案内しております。
ジャンナッティストクラブ紹介ページ(入会費無料)

■髙野てるみ/たかのてるみ
映画プロデューサー、シネマ・エッセイスト
巴里映画代表取締役プロデューサー、T.P.O.代表取締役プロデューサー

東京都出身。美大卒業後、新聞記者、『anan』などのライター、編集者を経て、
雑誌・広告企画制作会社T.P.O.を設立。雑誌・広告・書籍を手がける。
その後、映画配給・製作会社、巴里映画も設立。フランス映画を中心に配給・製作を行っている。
文京学院大学、朝日カルチャーセンター、調布市市民カレッジなどで
映画関係の講義・講演など多数。
マガジンハウス・ウエブダカーポ・シネマ欄に作品紹介・インタビュー記事など執筆中。

編著書に『映画配給プロデューサーになる!』(メタローグ)、
著書に『女を磨くココ・シャネルの言葉』とその続編(マガジンハウス)、
『ココ・シャネル 女を磨く言葉』(PHP文庫)、
『あなたを変える ココ・シャネルの言葉』(イースト・プレス)、
新刊として『恋愛合格!太宰のコトバ66』(マガジンハウス)がある。

パリ猫ディノの夜 HP ; http://parinekodino.com
巴里映画 HP ; http://www.pariseiga.com/pariseiga/company.html
FB ; https://www.facebook.com/parisneko

http://www.janat.co.jp/blog/wp-trackback.php?p=2768

コメントは認証後、表示されます。

ページの先頭へ戻る